アンダーバーの出し方!キーボード打ち方の基本 パソコン・タブレット・スマホ

スポンサーリンク




アンダーバーの出し方

アンダーバーの出し方 キーボードの入力方法

アンダーバーをキーボードで見つけられない人は、実はとても多い。いまさら人に打ち方を聞くのも恥ずかしい。

まずアンダーバーは、横棒「ハイホン/ハイフン」にとても良く似ているので注意!

「ハイホン/ハイフン」は、長音の時につかう伸ばし棒と同じく、文字の中央にあるが、

アンダーバーは、文字の下側にある。

入力方法は、Shiftキーを押しながら、キーボードの「ろ」のキーを押す。

アンダーバーの出し方 入力方法 

スポンサーリンク




アンダーバーの出し方 タブレットの入力方法

フリック入力の場合

① ABC キーを押す

キーボード,アンダーバー,打ち方,出し方,下ハイフン

② ABCの左隣り、一番左上 @#/& と書かれた部分で 下方向にフリックする

キーボード,アンダーバー,打ち方,出し方,下ハイフン

ローマ字入力の場合

① 123 キーを押す

キーボード,アンダーバー,打ち方,出し方,下ハイフン

② #+= キーを押す

キーボード,アンダーバー,打ち方,出し方,下ハイフン

③ 上から2段目 一番左にアンダーバーがある。

キーボード,アンダーバー,打ち方,出し方,下ハイフン

アンダーバーの種類

アンダーバーは、全角と半角の2種類があるので、注意すること。

キーボード,アンダーバー,打ち方,出し方,下ハイフン

アンダーバーの出し方 スマホの入力方法

基本t的にタブレットと同じ。

どうしても、出来ない時は、下記参照

アンダーバーの出し方 アンドロイドの場合

基本t的にタブレットと同じ。

どうしても、打ち方がわからない、下記参照

アンダーバーの出し方 iphoneの場合

基本t的にタブレットと同じ。

どうしても、打ち方がわからない場合は、下記参照

アンダーバーの出し方 ipadの場合

基本t的にタブレットと同じ。

どうしても、打ち方がわからない場合は、下記参照

アンダーバーがの出し方がどうしてもわからない時の対処法

アンダーバーの出し方、対処法1

アンダーバーのキーがどうしても見つけられない時は、日本語で、

「アンダーバー」と打って、変換する

キーボード,アンダーバー,打ち方,出し方,下ハイフン

アンダーバーの出し方、対処法2

音声入力ボタンを押して、「アンダーバー」と言えば、表示される

キーボード,アンダーバー,打ち方,出し方,下ハイフン

スポンサーリンク




キーボードの使い方

キーボードとは、パソコンやスマートフォンに文字を入力する際に使うものです。
キーボードは指で入力したい文字をローマ字もしくはひらがなをタイピングしていきます。

スマホでのキーボードの出し方は 入力エリアをタップします

キーボードの言語設定

パソコンとスマートフォンどちらのキーボードでも言語設定というものがあります。
日本では日本語であるひらがなとローマ字などで使用するアルファベットがあります。
そのほかにも韓国語のハングルなども設定することができます。

キーボードの記号

キーボードには文字以外にも記号がある。
記号の数はとても多く、数式などで使うプラス記号(+)やマイナス記号(-)などから、感情を表すエクスクラメーションマーク(!)やクエスチョンマーク(?)などもあります。これらの出し方は、キーボードのシフトをつかって出すことが多いです

キーボードで簡単に入力できない記号

キーボードで簡単に入力できない特殊記号というものもあります。出し方や打ち方がわからないときは、困ります
このような記号は特別な方法で入力していきます。

キーボードの入力切替方法

キーボード上に【半角/全角】キーを押して英字入力と日本語入力を切り替えします。
また「かな入力」と「ローマ字入力」の切り替え方法は【Alt】キー+【カタカナひらがなローマ字】キーで切り替えをすることが可能です。

スマホの場合は、地球のようなアイコンをタップすると、入力方法を切り替えることができます。出し方がどうしてもわからない場合は、ネットでしらべてみましょう

キーボードの操作方法

キーボードでは様々なことができます。
例えばカーソルキーを使えばサイト内を上下左右に移動することも出来ますし、パソコンゲームなどにも使えます。
また、パソコン上で文字を打つことをタイピングといいタイピングを練習すればするほど早く文字を打ち込むことができます。

スマホの場合は、キーボードというよりタッチパネルになります。とくに日本語入力はタッチパネルの場合、フリック入力が主流になりつつあります。なれるまでは大変です。これも予測変換によって、出し方が変わっているからです。

キーボドで文字を打つ際の指の位置

タイピングをする際、キーボードを見ないで打つことができるとより早く打つことが可能です。
その時重要になるのが指の位置です。
FとJのキーには突起物があります。そこに人差し指を置き、親指をアンダーバーに添えるとだいたいの文字の位置を把握でき、打ちやすくなります。
リンク先に正しい指の置き方の図があるのでそれを参考にしてください。(https://typing.twi1.me/img/index/homeposition.gif)

数字キーが反応しない場合の対処法

キーボードの右側にある数字キーを押しても反応しないことがあります。
そんな時は【NumLock】というキーを押してください。
【NumLock】がオンになっていると数字キーが反応しません。

キーボードを使って閲覧履歴を簡単に削除する方法

ネットでの閲覧履歴を消したいとき、キーボードを使うと簡単に削除することができます。
方法は【Ctrl】+【Shift】+【Del】を押すと閲覧履歴削除のウィンドウが立ち上がります、そのウィンドウで履歴削除を選択すれば閲覧履歴は削除することができます。

キータイピング。打ち方講座

キーの打ち方は人それぞれですが、基本の打ち方をマスターしたほうがより早く打つことができます。特にブラインドタッチの打ち方をマスターすれば、画面から目を離すことなく、すばやく打つことができます。この打ち方は、ローマ入力とかな入力がありますが、打ち方はローマ入力のほうが多いので、不利ですが、覚えるキーの数や場所は、かな入力のほうが大変です。

キーボードアンダーバーの由来とその役割

キーボードのアンダーバーとは元々タイプライターで下線を引くためのものでした。
下線なのでアンダーバーというそうです。


スポンサーリンク